もりの講演会「野幌の森の戦後史」
「野幌の森の戦後史~戦後開拓と高度成長期の痕跡を訪ねる~」がテーマのもりの講演会です。
野幌原始林には樺太・満州の引き揚げ者や、札幌の被服支廠などに勤務していた人々が戦後開拓者として入植しました。“苦闘”の日々を過ごした森…。戦後史を学び、紅葉の離農跡地を観察します。

・講師:西田 秀子氏(地域史研究家)
・定員:40名
・参加費:無料
・申込み:9/15(金)から受付
      電話 011-386-5832

※道民カレッジ連携講座です。

※写真は過去の講演会の様子

2017/10/14 〜 2017/10/14

10:00~12:30
野幌森林公園 自然ふれあい交流館・レクチャールーム
・JR→大麻駅より徒歩約30分
・JRバス→“循環新82”、“循環新83”乗車「文京台南町」下車 徒歩約10分
・夕鉄バス→「文教通西行」乗車「大沢公園入口」下車徒歩約7分
あり
野幌森林公園 自然ふれあい交流館(011-386-5832)
http://www.kaitaku.or.jp/nfpvc.htm
大きな地図で開く