ロビー展「小森忍没後55年 結晶のきらめき」
 2017年は、日本における釉薬研究の第一人者で、戦後、北海道の窯業と陶芸の振興に大きく寄与した小森忍の没後55年にあたります。
 小森の没後55年にあたり開催するこのロビー展では、北斗窯で制作された結晶釉の作品を展示いたします。北斗窯には結晶釉を使用した作品が多く、中には「宝石釉」と命名されたものもあり、小森が力を入れていたと思われる技法のひとつです。
長年の研究の成果が活かされた、北海道の雪景色を思わせるような釉薬の表現をお楽しみください。

期間:12月12日(火)~1月31日(木)
時間:9:00~17:00
※期間中の休館日 月曜日(8日を除く)、12月29日(木曜日)から 1月3日(水曜日)、1月9日(火曜日)

2017/12/12 〜 2018/01/31

9:00~17:00
江別市セラミックアートセンター
・JR→JR野幌駅下車野幌駅から<JRバス乗り換え> JRバス→“新29”、“江92”乗車、『セラミックアートセンター前』下車
あり
江別市セラミックアートセンター(011-385-1004)
http://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/site/ceramic/
大きな地図で開く