春季講演会「小林達雄の縄文文化研究」
わが国の縄文文化研究は、小林達雄抜きには語れない。「第二の道具」「土偶のチョコレート分割」「ムラとハラ」「腹の足しと心の足し」、平易な言葉ながら奥深い小林縄文学。質問・対話形式により、より深く真髄を究めます。

演題:「小林達雄の縄文文化研究」
講師:小林 達雄 (國學院大学名誉教授)
(聞き手:長沼 孝 ((公財)北海道埋蔵文化財センター常務理事兼第一調査部長)
定員:100名

2018/05/26 〜 2018/05/26

13:30~15:30
北海道立埋蔵文化財センター 2階研修室
・JR大麻駅から徒歩約20分(文京台小学校隣)
・JRバス(文京台線循環新82・83)・夕鉄バス(文教通西)に乗車、「くりの木公園前」下車徒歩5分。バス停「くりの木公園前」の信号を右折し、さらに道なりに右折すると120m先に門があります。
・JRバス・夕鉄バス(江別方面行き)に乗車、「北翔大・札学院大前」下車徒歩15分 
あり
公益財団法人北海道埋蔵文化財センター (011-386-3231)
http://www.domaibun.or.jp/
大きな地図で開く