江別市ガラス工芸館
えべつしがらすこうげいかん
れんが建造物の象徴として市民に親しまれていた「旧石田邸」を保存・改修し、平成6年4月に開館しました。 建物内では、ガラス工芸の制作風景を見学できるほか、作品をご覧いただくことができます。

旧石田邸は、昭和20年(1945)頃北海煉瓦杜員だった石田惣喜知氏が建てたれんが造り三階建て107坪(約354㎡)の住宅で、 将棋の駒の形をしたマンサード屋根と半円状に張り出した窓が特徴です。 絵画や写真の題材になるなど市民の問で広く知れ渡り親しみを持たれていました。

工芸館では、ガラス工芸家の柿崎均さんがガラスエ芸品を創作しています。

江別市野幌代々木町53
011-381-1060
10:00~17:00(5~10月の土曜日、日曜日、国民の祝日のみ)
不定休(お電話にてお問い合わせください)
-----
あり
-----
-----
・野幌駅下車徒歩15分
・野幌駅より中央バス2番通り線「第二中学校前」下車徒歩2分
公式ホームページはこちら
体験メニュー①ガラスづくり体験
【概要】熱したガラスを吹くところから、ガラスに色をつけるところまでを体験できます。
【時間】約30~40分
【時間】木曜日以外で予約制
【定員】応相談
【料金】お一人様4000円
大きな地図で開く