昭和の森 野幌森林自然休養林(登満別口)
しょうわのもりのっぽろしんりんしぜんきゅうようりん(とまんべつぐち)
道立自然公園 野幌森林公園内にあります。昭和44年10月15日、野幌自然休養林指定。昭和52年9月、昭和天皇陛下在位五十周年を記念し、「昭和の森」に指定されました。(全国で3箇所指定されたうちの1箇所です。)
昭和の森、野幌自然休養林は天然のクリ林が多いところでした。明治21年頃から始まった同地区への入植以降は、水源林として大切にされるとともに、一部は木炭や家具材として伐採されました。しかし当時から森林内で一番大きなこのクリの木だけは「ご神木」として取り扱われており、日本のクリの自生北限が石狩低地帯とされていることから、この天然のクリの巨木の保存は研究上からも貴重です。(樹齢推定500年)

昭和の森野幌自然休養林
-----
-----
-----
-----
-----
-----
-----
・JR野幌駅から車で約20分
公式ホームページはこちら
大きな地図で開く